脳内垂れ流し能書き

思ってることとか映画の感想とか。気ままに書いてます

驚き桃の木樹木希林

公開直後の話題作の感想って結構引っかかるのかな、PV数が400超えた。ビビった。

そもそも頻繁に更新するようなブログじゃないし、今のところ書いてるのって映画の感想とかぐらいですけど、この先もっといろんな思ってること書けたらなと思ってはいます、ハイ

 

 

 

先日、「あん」を観た。

周りの人から「観て欲しい」と言われていて、せっかくだからTSUTAYAで借りたのですが、これは当たりでした。詳細は言わないけど、世間の怖さというものを痛感したかな。結構切ない映画ですが、考えさせられます。オススメ。

で、レビューで結構目にしたのが「樹木希林さんの凄さ」。高い評価も低い評価も樹木希林さんに言及してて、良くも悪くも「彼女の演技で構成された映画」という旨が書かれていた。

僕は演技を、学校での学芸会的なものだとか、友達とふざけた会話してる時ぐらいでしかしたことがないズブの素人なのですが、そんな僕でも「彼女の演技はすごい」ってことは分かりました。

出演してる他の俳優さんたちの演技が下手って言いたいわけじゃないんですよ。永瀬正敏さんはなにかしらの過去を背負った雰囲気出てたし。ただ、樹木希林さんのそれは次元が違うというか、その演技だけで役の背景を感じ取らせる力があるというか。冒頭で樹木希林さんが桜並木を歩くシーンがあるんですけど、そこでの演技だけで涙がでたんですよね。涙腺ゆるいって言われればそれまでなんですけど、そのシーンから出てる雰囲気だけでもう切ないんですよ。

映画とかドラマって、その役を「100%役で観る」って結構難しいと思うんですよ。意識の端っこでは「この俳優かっこいいなぁ〜〜」とか、「いまちょっと噛んだ?」てのがあると思うんです。でも、この「あん」の樹木希林さんはそういうのを感じさせなかった。「徳江さんはどんな人生を歩んできたんだろう」ということを常に感じさせるような雰囲気を絶えず出していて、それが少しわかった時の彼女の心情を考えるともう形容し難い悲しみがね…。

「世間の無理解に押しつぶされることもある」的なセリフが出てくるシーンがあるんですが、この映画はそれが全てな気がしますね。誰も悪くないのに、逆らえない大きな流れができてしまう。

いろいろ考えさせられますね。